株式投資原価に掛かる手数料の違い

株式投資について解説してゆきます。
一口に株式投資と言っても様々な方法があり、資金量や銘柄数、どのセクターに投資するか、現物、信用などにより全く違う側面を持ちます。
株式は、証券会社等の市場へ投資家の資金繋ぐ、取引代理業に買い付けを依頼し、買い付け手数料を支払うことで、株を所有します。
購入する株数(原価)に対して、料金が異なり、購入単価(投資原価)が高くなればなるほど、手数料が高くなります。
証券会社の規定により異なり、店舗持つ証券会社よりインターネット証券会社の手数料が低いことで、若者でインターネット環境に強い年代層は、ネット証券利用者が多いです。
近年、ネット証券利用者は投資原価が低いことが多く、また、短期売買で利ザヤを取ることが目的として投資に挑む傾向が高く、手数料が高いと儲けが出ないため、ネット証券で手数料の低い会社を選ぶ傾向が見られます。
ネット証券は各々手数料を低くして、会員獲得競争をしています。
中には、10万円までの約定で無料としたり、一日の取引で約定回数に関係なく1回300円以下と低い水準で取引を実現しています。
店舗型の証券会社と比べると5分の1から10分の1の料金体制で、インターネット証券の場合、10円未満の株価変動で利益が出る仕組みとなっています。
現物取引では、自己の現金で株を購入し、信用取引では、自己の余力資金以外に設定された信用余力(借入金)により株が購入でき、手数料の他に日歩の負担があります。
投資原価によって行となりますが、信用取引の方が手数料体系が低いです。
実態のある証券外務員が担当の証券会社では、投資家への情報やレクチャーなどが行なわれ、投資判断や材料などが提供される側面からあえてここを選ぶ場合があり、高齢者や初心者投資家その傾向が多く見られます。