未上場企業の株は機関が投資をしていることも

未上場企業にも株というのが存在しますが、どのような人たちが保有しているのか気になったことがあるという人もいるのではないでしょうか。
未上場企業の株はその企業の関係者が保有していたり、機関投資家が保有をしていたりするケースが多くあります。

将来性のある企業の場合、上場した時には株の価値が跳ね上がることになりますから、機関投資家は上場する前からそのような企業に投資をして上場させて利益を出すといった投資もしています。
IPOが初値高騰をするというのは株式市場では珍しくないため、未上場の段階で遥かに安い金額で株を購入しておけば莫大な利益が機関投資家に転がり込むことになるのですが、これは当然リスクが付いて回るものでもあります。

投資をした企業が必ずしも上場をすることができるとは限らないため、上場をすることが出来なければそれまで投資をしたお金が無駄になってしまう可能性があります。
未上場企業の株というのは売買をするにしても、売り手を見つけるのが大変ですしそれを投資した金額よりも高値で購入をしてくれるとも限りませんから、投資をした金額を回収することができなくなってしまうこともあります。
当然倒産してしまうようなことがあれば、全くのリターンもなしに投資した金額失ってしまうこともあるだけに、未上場企業の投資というのはかなりハイリスクハイリターンのものとなっています。
しかし、機関投資家の場合には一般投資家とレベルが違う資金力と分析力があるため、将来有望に見える企業に投資をして上場をさせて利益を上げるという方法をとることができるのです。
このように未上場企業の株は機関投資家などによって、保有されているケースが少なくありません。