アップル株の変動の影響の日本の電子部品メーカー

アップルの株は去年前半には130ドル台を付けていましたが、年末年始に掛けて下方向へ変動をするようになっています。アップルでは今年の新型のスマートフォンの販売が、前年比で減少に転じる見通しを出しています。このようにアップルのスマートフォンの販売が鈍化することが明らかになったことで、株価は一段と下落の変動を強めるようになってきています。その結果として、最近の株価は100ドルを割る局面も出てきています。近年のアップルは中国での販売を伸ばすことで、業績を拡大されてきていました。しかし、今年からは中国の販売が伸び悩むことで、全体の業績が落ちてしまうことが懸念されています。また、今年のアップルのスマートフォンの生産が減少することで、日本の電子部品メーカーの業績にもマイナスの変動が出てしまうことが懸念されています。日本の大手の電子部品メーカーでは、アップルのスマートフォンの部品に採用されるところが多いからです。アップル向けの電子部品の数量は、非常に大きくなっているのが特徴で、その受注が減ってしまうと日本の電子部品メーカーは大きな影響を受けることになってきます。そのため、スマートフォン向けを得意としている日本の電子部品メーカーでは、株価の動きが冴えなくなるところが出てきています。しかし、日本の電子部品メーカーの製品は競争力があるため、長い目で見れば再び生産が回復していくことが期待できます。日本の大手メーカーの電子部品は、今後のIoTの製品には欠かせない存在になることが予想されるからです。また、車載用としても日本の部品メーカーの製品が多く使われるようになっていくことが考えられます。したがって、日本の大手の電子部品メーカーの株が安くなった時は、そこが買い場になるかもしれません。