知識もなく株取引ははじめない

株投資を始めようと思っている人の中には、どのようにして株が利益を出るのか、取引のやり方を知らない人もいます。ただなんとなく儲かりそう、ということで始めている人の場合、ほとんどの人はまず利益を出すことができません。これは知識がないからであり、同時に知識がある程度ないと、株取引で勝つことはできないのです。そもそも株投資に関しては、プロの投資家が数億円を使って投資を研究していたり、大手企業なら何兆円ものお金を使っており、流入しているマネーの量がとても大きいのです。また、株取引ということに限れば、海外企業の株取引を行っているところもあります。このような人たちは基本的なことはもちろん、独自のテクニックを持っていたり、中にはしっかり自分のやり方を持って利益をあげています。このような人からすれば個人投資家や片手間に始めようという人の資金を吸い上げることなど簡単にできるのです。一般的な人が始めがちな数十万円や数百万円程度の投資など、株式市場では小物です。とはいえ、小物からコツコツと利益を上げてきた人や、長期保有によって利益を出している人もいます。最後に、実は詐欺に遭うこともあります。昔から投資詐欺に使われるものとして、よくわからない国の債券や未公開の株式はとても多く、普段から詐欺師はその対象になりそうな人を探しています。知識もなく取引を始めてしまうような人は詐欺に遭いやすく、中には警察沙汰になることもあります。知らないからこそ食い物にされて、持っていた資産をすべて詐欺師に渡してしまうということもあるのです。このため、基本的に知識もなく始めないことが基本です。基本的な知識や詐欺に対する予防として、まずは知ることが大事でしょう。

株取引で失敗する初心者

株取引で失敗する初心者の特徴は、取引においてリスクヘッジをきちんとできていないことです。取引で失敗している人の大半はリスクヘッジの重要性を理解せずに取引に参加しますので、これによって持っている資産をどんどん小さくしていってしまっている傾向にあります。株取引では、格言のように損切りの重要性を説いています。損切りというのは、損失が生じてしまった段階でその損失を切って次の利益に活かそうとする手法のことを言います。株取引では大きな利益を出すことが出来ることもありますが、すべての取引において何度も大きな利益を獲得できるようになるわけではありません。取引をしていく中では大きな損失を覚悟しなくてはならない事態も生じます。そういった状況下では、できるだけ早く損を切って次の取引に活かす機会を作らなくてはならないのですが、取引の初心者はこうした損失を切るという行為がなかなか出来ません。むしろ、生じた損失をなんとか取り返そうと行動をすることになることが大半なので、より大きな損失を経験してしまうことになってしまうわけです。損切りのタイミングは、株取引を頻繁に行っている人ほど厳密に考えて行っています。株取引をするときに損切りを甘く見ていると一気に株価が下がってしまうこともありますので、取引をしている資産の関係を考慮して何%かの損失でその損を切ってしまうという基準を設けているわけです。そもそも、株取引にかぎらず値が変動する取引では不測の事態におけるそれ相応のリスクを抱えることが不可欠になります。リスクを抱えた状態で取引をしていかなくてはいけないので、重要なのはそのリスクをどれだけ小さくすることが出来るかにかかっているというわけです。初心者はまずこの基本を学んでから株取引をする必要があります。

株取引で失敗する人の末路

株で失敗した人がどうなるのかというと、これはそれぞれのケースで異なります。余裕資金で投資をしている人であれば、失敗しても問題はないでしょう。もちろんですが、それによって損失は発生しますから気持ちの良いものではありませんし、悔しい思いをする人もいるでしょう。しかし、余裕資金であれば失っても、すぐに生活に困ることはありません。しかし、そうではない場合には悲しい末路になる可能性があります。株で失敗して大損する人の特徴は、資金を投じすぎることです。最初は少額で投資をしていたにもかかわらず、いつのまにか投資する金額が大きくなりすぎていて、相場が下落したときに大損してしまう人がいます。長期的な投資をしている人であれば、このようなリスクを抱えてしまいます。短期的な取引ではレバレッジで失敗する人が多いです。レバレッジをかけて取引をすれば、投資した資金よりも大きい損失を発生させてしまう可能性があります。たとえば、100万円を投資したにもかかわらず、200万円の損失を発生させることもあるのです。100万円の資金を投じて200万円の損失を発生させれば、差し引き100万円のマイナスになりますから、その後はこれを返済していかなければならないのです。損失が発生したときに、それを取り戻そうとして失敗する人も多くいます。取り戻すために大きな資金を投じたり、あるいは取り戻さなければならないという焦りから冷静な判断ができなくなったりと、原因は多くありますが、一度負けると負け続けてしまうというのは初心者に共通することだと言えるでしょう。損失を発生させたときには、一度冷静になれるだけの時間をかけたほうが良いと言えるでしょう。

■株初心者は仕手株に安易に手を出さないようにしよう
仕手株
■株選びに困ったらこちらをチェック
銘柄情報なら”注目株ナビ”
■初値予想を分析して稼ごう
IPO 初値予想